キョウワセキュリオン株式会社

採用情報

概要、社員教育について

人材は“人財”。
専門的なカリキュラムによる
高いセキュリティ技術を持つすぐれた人材を育成しています。

採用時から始まる優れた人材の確保

真の安全を守るために、わたしたちが何よりも重視するのはスタッフの人格です。採用時から、警備員としての資質や向上心を持つ確かな人選を心掛けています。


基本教育から関係法令まで。多彩な新人研修カリキュラム

入社直後から 4 段階にわけて行われる新人研修は、笞備員としてのあるべき姿勢や言動から、関係法令、救急法まで多彩なカリキ ュラムで徹底的に行われます。ここで適材 適所の配属を判断したのち、それぞれの業務での指導・教育が行われています。


即戦カ・対応力を身につける、月に1 度の講習会

業務に携わったのちにも、月に一度の講習会を行っています。ここでは現場での即戦 力や対応力を身につけるための実地訓練を主とし、多様化する社会状況にあわせた技術の習得を行っています。また各地域消防署においては1年に一度、普通救命救急講習会や防災業務訓練を実施しています。


消火器等の使い慣れたものこそ反復指導の対象。

消火器などの見慣れたものにも、様々な種類があり、取り扱い方も異なります。火災などの非常事態に冷静に判断し、火災初期での消火に努めるための指溝・教育は何度も繰り返されます。


警戒棒は自分を守る 防護用具のひとつです。

警戒棒は時には武器として、人の身体に重大な傷を加える恐れがあります。その取り扱いには、充分な知識と技術を必要とするため実際に犯人と対峙した場合を想定したシミュレーショントレーニングを重ねます。